新橋にある新規オープンの路面店、和牛サロンWの制作事例のご案内の続きです。
前回の記事は下記リンクよりご覧ください。  



→おしゃれなカフェ風焼肉店のトータル的なアートディレクション その1(コンセプト・店名・ロゴ編)

Visual Spiceでは、メニューや看板などの単品のデザインだけでなく、ブランディングやコンセプト設計も含めたトータル的なアートディレクションも請け負っております。


飲食店を立ち上げるに当たって、トータル的なご依頼をいただくことは単品で様々な業者に依頼するよりもコストダウンが計れるだけでなく、一貫したヴィジュアルコンセプトを演出できるようになるため、ご来店いただくお客様によりお店が持つ思いやブランドコンセプトが明確に伝わり、来店動機やCS・NPSといった顧客満足度やリピート率、紹介意志などに繋がりやすくなります。

ファサード(外装)ができるまで

今回のご依頼は「保健所の審査を通った『合法生肉』を取り扱う、客単価10,000円前後のおしゃれな焼肉店」のトータルデザインをお願いしたい、ベンチマークのイメージはあるが店名も決まっていないので提案してほしい、といったものでした。

  前回で、以下のデザインの基本方針はできています。

・おしゃれで一見焼肉屋風ではないが焼肉屋であることはわかる

・立地的・価格帯的にwebでの集客がメインの方針なのでフリー客対策はそこまで気にかけなくて良い。日常利用ではなくハレ需要

・ファサードや、入店した時にディズニーランドのゲートをくぐった時のようにワクワク感の魔法をかけられる  

また、ベンチマーク店舗として白い、一見美容院のような飲食店のイメージももらっていますので、 依頼主のイメージから大きく外れない必要もあります。
  デジタルで作成したファサードの仕上がりイメージ画像がこちらです。
構造上の理由などで多少仕様が変わっていますが、ほぼこの通りに完成しています。  


 

デザイン上は日本語がない方がおしゃれでかっこいいのですが、ぱっと見の店名も全体の印象も敢えて焼肉らしくないようにしていますので、 その分焼肉と分かるような要素が必要です。
そこでショルダーの業態名である「焼肉」の部分は店名よりも大きいサイズにて一番目に止まるようにして、さらに入り口脇に焼肉の写真を使ったポスターを掲示して、情報の補足を行う狙いでポスターフレームを備え付けてあります。
ドアは洋画のドラッグストアの入り口のようなイメージの扉、ドアガラスにはコンセプトのWagyu(和牛) Worth(価値) Wonder(驚き)をカッティングシートで貼り、 入店時にさりげなくコンセプトを示しています。
この三つのキーワードは、のちにメニューのコース名を決める際にそのコースの特徴に合わせてネーミングにも使用しました。

基本コンセプトを先にしっかり作っておくと、こういったちょっとした所のデザインに活かして世界観を醸成しやすくなります。      

手描き専門部隊、チームPINK PEPPER出動

 
上部と右側のロゴはVisual Spice擁する女性手描き専門部隊、チームPINK PEPPERがドローイングしています。
職人技!もちろん、チームPINK PEPPERは内装の壁画や文字も担当しています。  

内装、ファサードの完成です!    
イメージ画像 以上の仕上がりです。

Visual Spiceでは、内外装から装飾までをトータルで仕上げるため、工事業者様が手がける部分を最小限にして、コストを抑える前提で進行いたします。

ファサード、内外装のご依頼もお待ちしております!
↓小物・演出編へ続きます。

→おしゃれなカフェ風焼肉店のトータル的なアートディレクション その3(小物・演出・ネット集客編)