Attract Customers

店前集客看板

店前の置き看板はお店のことを知ってもらえる重要なアイテムです。

VisualSpiceでは、直営店を約70店舗運営しているGlobridgeでの実績・ノウハウを生かした看板デザイン設計を行います。近年、知名度のあるチェーン店で安心感を求める一方で、こだわりのある個人店へのニーズが高まっています。 弊社看板サービスでは、敢えて手作り感・温かみのある手書きによる看板作成をすることにより、こだわりの個人店感や入店のしやすさを重視し、物件によリ異なるマーケットやロケーション等の条件を最大限に考慮して看板作成いたします。

温かみのある手書き看板による飲食店集客

飲食店 店舗 手書き看板 デザイン

飲食店店舗のデザインを考える際に、もちろん外装(ファサード)も重要ですが集客という観点で考えた場合、より手軽に即効性のある施策が店頭の手書き看板です。

手書き看板は路面店でも、空中階店舗でも有効な集客方法です。

路面店では外装(ファサード)だけでは伝わりにくい情報を効果的に伝えるだけではありません。例えばオシャレに作りすぎた外装(ファサード)の飲食店はそれを見た通行人に「高そう」「どこか入りにくい」など相手に気後れさせるような雰囲気があったりしますが、そこに温かみのある手書き看板を置くだけで敷居の高さが緩和され、心理的に入りやすくなります。

手書き看板 飲食店 デザイン

空中階にある飲食店店舗はいうまでもなく、店内の様子は伺えず、どれぐらいの価格帯でどんなものが食べられるのかなどの情報が不足になりがちですので、なかなか初見の飲食店に入るのは勇気が要ります。そこに手書き看板を置くだけで情報不足と心理的ハードルが払拭され劇的な効果が見込めます。

「女店前改善師うめこ」の手書き看板

 

もちろん、ただ手書きで書いた看板を置けば良いというものではありません。アーティストが描いたような美しいものである必要はありませんが、文字の見栄えの良さやバランス・視認性、何を通行中の方にアピールするのかなどきちんと設計して作成する必要があります。

Visual SpiceではAIDMA(アイドマ)の視点に沿った看板設計とデザイン作成をしております。

AIDMA(アイドマ)とは

Attention(注意)
Interest(関心)
Desire(欲求)
Memory(記憶)
Action(行動)

の頭文字をとったもので広告や宣伝方法に対する消費者の心理の過程を示した古くからある理論です。

また、Visual Spiceで手書き看板を作成する際に多くの場合、設置場所エリアのマーケットや人の流れ、年齢層などを分析した上で何が最も効果的なのかの仮説を立てた上で作成いたします。

「女店前改善師うめこの手書き看板」は

店前調査、店前集客相談、看板本体代、看板デザイン費用含めて100000円〜にて承っております。

看板以外での手書きのご依頼も承っておりますのでお気軽にご相談ください。

 

ご興味のある方はお問い合わせフォームからお願いいたします。

女店前改善師 うめこ の手書き看板