店前手書き看板のコツ【効果的なレイアウト】

店前手書き看板のコツ!3回目です!(゚∀゚)

前回は、店前の看板の色は店周辺の色を考慮して目立つものにというのと、業態やお店のテーマカラーを考慮すると良いというお話をしました!

本日は、

効果的な手書き看板のレイアウト

についてです!

私は、今までに恐らく100枚以上の手書き看板を作成してきました。

その経験から効果のある手書き看板のレイアウトというのを見つけました!!

これは、本当にお教えしてしまうは、私の仕事がなくなってしまう恐れがあるのですが!汗(;・∀・)

特別にお教えしたいと思います!!(゚∀゚)フトッパラ―

さて!早速!!

看板を5つに分けるとしたら

・アイキャッチ

・次におすすめのもの

・その他メニュー

・ドリンクメニュー

・店舗情報

この5つの情報を入れるのがポイントです!

ところでみなさんは、AIDMAという言葉を聞いたことはありますか?

広告業界などで使われる心理ステップなのですが、私が作成する手書き看板もを意識しています。

AIDMAというのは、なんとなく知識として覚えて頂いておけば大丈夫です!

シンプルに考えますと

おっ!(気付く)

どれどれ?(興味を持つ)

いーね!いーね!!(食べたい!飲みたい!などの欲求を持つ)

ここにしよう!(入店する 行動する)

と、気持ちを誘導できる看板のレイアウトにするのが重要ということです!

具体的な看板で見ていくと以下のような感じです。

 

お客様にオレンジの吹き出しのように思ってもらうことが効果の出る看板のコツです。

特に重要なポイントとしては 「おっ!」と、「いーね!いーね!!」の部分です。

まずは、気付いて興味を持ってもらいます。 ここで、心を鷲掴みにできれば!入店してもらえるでしょう。

今までの経験から、効果があるアイキャッチにおすすめのものが4つあります!

実際の看板事例とともにご紹介します(゚∀゚)    

➀ドリンクなどの割引
→生ビール¥100、飲み放題¥980などです。 わぁ!安い!!と思って立ち止まる人は多いと思います。
ただ、ちょっと注意点としましては、ドリンク安すぎて客単価が下がってしまうということもあるようです。
最初の一杯のみや、ハッピーアワーのように時間を決めるなどの工夫があった方がいいかもしれません。

これは、価格ではないですが、50種類取り揃えている!というのを数字を大きく書いてアピールしてみました!

➁季節もの
→冬だと「鍋」が刺さります!!寒い日は、お鍋食べたくなりますよね~!!!
夏はお店の夏季限定メニューなどがあればそれを大きく書いてもいいと思います!

これは、ちょっとドリンクの情報も載っていますが!

➂セットでイメージ
→フードとドリンクのセットで興味と欲求を引き出します!
例えば、「ビールと焼き鳥」「ハイボールと唐揚げ」などです。
仕事終わりに、この組み合わせは、もう、サイコーすぎますね!!笑

手羽先¥120の情報だけですが、ビールの写真も貼り付けることによって、「手羽先とビール」のセットで魅力的に感じさせることができます!(゚∀゚)
くぅ~!!!食べたい!飲みたい!!笑

➃何屋かぱっと見でわかるようなイラストを描く
→お店の業態がわかるようなイラストを看板上部に書くことで「日本酒とお刺身のお店かな!」など、わかりやすいですし、興味を持ってもらえると思います。

がぶ飲みワインと価格で、ワインがウリのお店というのをアピールしてます。
上部ではないですが、中心部に大きく魚のイラストを描くことで、マグロのお店ということが伝わりますし、インパクトもあります(゚∀゚)
イラストだけでなく、「肉とチーズとワイン」など、文字でも書いておくと、何がおすすめのお店なのか、というのがより伝わりやすくなります。
 
 
 
本日は、
 

効果的な看板のレイアウトについて、特に、アイキャッチ

の部分について、紹介しました!
4つのコツ、ぜひ、実践してみてください(^-^)
 
次回は、いーね!いーね!と思わせる内容やそのテクニックなどを紹介したいと思います!
 
お楽しみに~★
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA